墨田区女子高生殺害事件

墨田区女子高生殺害事件墨田区女子高生殺害事件

東京都墨田区に住む私立高校3年の女子生徒(18)が28日から行方不明になり、警視庁が捜索していたところ、31日未明に山梨県内で女子生徒の遺体を発見しました。同日には共に職業不詳、群馬県渋川市渋川の小森章平(27)と妻和美(28)の両容疑者を死体遺棄容疑で逮捕。「2人でやった」などといずれも容疑を認め、殺害もほのめかしています。

捜査関係者によると、夫婦と女子生徒の鷲野花夏さんはツイッターで知り合いました。小森章平容疑者は「妻が自分と女子生徒の関係に嫉妬した。事件は妻に付き合わされた」、和美容疑者は「女子生徒を刺した」と供述しています。捜査本部は和美容疑者が2人の関係をなど僻んだことなどがきっかけで事件が起きたとみて調べています。

逮捕容疑は2021年8月30日、山梨県早川町の物置小屋に墨田区東向島に住む鷲野花夏(かな)さんの遺体を遺棄したとしている。検視の結果、首には絞められたような痕があり、背中には4カ所の刺し傷がありました。

胸のあたりには血液が付着していたとのことです。小屋の中からは凶器とみられる細いロープが見つかっていますが刃物は見つかっていません。発見時、鷲野さんは行方不明時と同じ服装で、壁に背中をつけて足を投げ出して座っているような状態でした。

捜査本部によると、鷲野さんは28日午後3時半ごろ、母親に「友人に会いに行く。夕方には戻る」と言って外出。直後に墨田区内の駐車場で、逮捕された夫婦の車に乗り込もうとする鷲野さんの姿が防犯カメラに映っていた。鷲野さんが帰宅しないことから、母親が同日午後6時半ごろに110番した。

捜査員が夫婦の車を捜していたところ、30日午後7時20分ごろに長野県内を走行しているのを発見。停車させて職務質問すると、夫婦は早川町に鷲野さんの遺体を遺棄したことを認めた。現場まで案内させたところ、31日午前2時ごろに同町にある物置小屋で鷲野さんを発見した。小屋の所有者は第三者だが、新品の南京錠がかけられていた。捜査本部は夫婦が事件の発覚を遅らせるために南京錠を購入し、施錠したとみて調べている。

この墨田区女子高生殺害事件を独自の視点で紹介します。テレビで速報が流れたことの不気味さ、そして小森夫婦の顔画像、小森章平容疑者はデブ専だったことなどまとめてみました。

 

NOT FOUND

投稿が見つかりませんでした。

タイトルとURLをコピーしました